環境科学コース紹介

   ホーム  >  環境科学コース紹介 [ 特色・教育目標 ]
 特色・教育目標

普通科 環境科学コース

 

福岡県立柏陵高等学校には「普通科環境科学コース」が設置されています。

平成9年に設置されたこのコースは,平成29年4月には21期生が入学し,

18年間に亘って卒業生が巣立っていきました。

環境科学コースの特色と現在までの活動内容をご紹介しましょう

 

教育目標

 1.自然環境や生活環境に関心を持ち,人間活動と環境との関わりについて総合的な理解と科学的な認識

   上に立って,環境に対する知識だけでなく,問題解決能力,表現力などの諸能力を育成する。

 2.環境の保全に配慮した望ましい働きかけのできる技能や思考力・判断力を身につけ,より良い環境の

   創造活動に主体的に参加し,自然を愛し環境への責任ある行動がとれる態度を育成する。

 3.21世紀における人類の生き方,文明の在り方を考え,何が人間と環境との調和を可能にし,社会的・

   個人的幸福を増進させうるかを明らかにできる生徒を育成する。

 福岡市環境局より

    平成19年度
     第1回 福岡市環境行動賞 最優秀賞 受賞 !!

   平成21年度
     環境保全功労者知事表彰 受賞 !!

環境科学コースの特色 

・ 県下で初めて本格的な環境関連の専門科目を設置

・ 少人数教育でフィールドワーク(野外活動)を数多く実施

・ グローバルな環境情報を教材に授業を展開

・ 校外研修・研修旅行を実施して自然環境を実体験

・ 国・公・私立大学の理系・文系等あらゆる進路に対応

・ 福岡県環境教育学会に法人会員として入会

 

 

カリキュラムと専門科目

 平成27・28・29年度入学生(週33単位授業)カリキュラム帯表


環境科学コースの専門科目は週2時間!!

この2時間以外は普通科の授業とほぼ同じカリキュラムになっています。         

 専門科目概要

  

進路・類型

 環境分野は非常に幅広く、科学的観点以外にも、社会経済・観光産業などあらゆる観点で環境に携わる

人材育成を目指しています。生徒の進路も理型に限らずさまざまです。環境科学コースでは、普通科と同

様に、進路に合わせた類型別授業を実施しています。2年次に文型と理型に分かれ、さらに3年次には国

立型と私立型に分かれます。

 

 

 ホーム