学校紹介

   ホーム  >  学校紹介 [ 学校紹介 ]
 学校紹介

学校概要

 昭和58年4月に全日制課程普通科高校として開校されました。背後に油山山系を

有する恵まれた自然環境の中に位置しています。

 平成9年4月には、全国でも珍しい「環境科学コース」が設置されました。

 創立30周年を超えた本校は、さらに特色ある教育活動を展開しています。

 平成26年度入学生から新制服となり、新たな柏陵高校がスタートしました。


 

教育目標

 国家・社会および国際社会の有為な形成者として,自らの在り方生き方を自覚し,知・徳・体の

 調和のとれた,心豊かで,志をもって意欲的に学び逞しい生き方のできる人間を育成する

 

校訓

 

   進取 ・・・ 「新時代への進取の気概」  

 
    創造 ・・・ 「創造の気風溢れる学園」
 
    敬愛 ・・・ 「他を敬愛する豊かな心」

  

教育方針

   「師弟同行」の精神に基づき教師・生徒が常に一体となった日々の厳しい教育実践を通じて,

    生徒自らが 『素直で心豊かな人間性』 と 『生涯にわたる自己教育力』 を身につけ, 自己の

   能力を十分に発揮できる逞しい生き方ができるよう,愛情と信頼に満ちた真の教育の理想を

   追求する。

 

学校像

  1.日本一の学校

    「生徒の日々の高校生活に対する充実感」が日本一

  2.生徒が本校で学べて、本当に良かったと思える学校

    保護者が本校を選んで、本当に良かったと思える学校

    先生方が本校の勤務で、本当に良かったと思える学校

 

生徒像

  1.新たな目標を設定でき、その目標に向かって不断の努力をする生徒
  2.気づきを大切にし、周囲に配慮できる素直で心豊かな生徒
  3.母校に誇りを持ち、生徒会活動や部活動を通して、生き生きとした学校生活を送る生徒

 

校長

     第16代  虎本 和三、

 

指導の重点

 教育とは、生徒の限りない能力を信じて、個に応じた根気強い指導を行うことである。そのために

は、自らが範を示す立場にあることを自覚し、学校の教育目標達成に向けて全ての教育活動の機会を

捉えて、その教育効果を高めることに邁進すべきである。

 これまでの柏陵高校の歴史と伝統を礎としながらも、常に検証・改善を重ね、全職員の協働体制を

保持しながら、すべての子ども達の成長を支援する。

 

 (1)「鍛ほめ福岡メソッド」の活用

 (2)「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)」の実践指導による教科指導力の向上

 (3)「生徒自らが考え、創造し、実践していく」基本的な高校生活の向上

 (4)「確かな成長を実感させる」取組

 (5)本校の「環境教育」の更なる特色化

 (6)学校・保護者・地域連携の強化

 

将来ビジョン

 「日本一の学校」を合言葉に「豊かな教養と人間性」身につけ、世の中の急速な変化に

対応できる能力を十分に発揮できる逞しい生徒を育成する。

 

校歌

 ホーム